農作物への被害と対策

地球温暖化で受ける農業の被害は、そのまま農業対策の今後につながるものとなってきます。現状で生じている被害をよく知ることによって、これから先の温暖化による被害を減らせるかが課題となっています。農作物に一番最初に被害が出るのは生産段階の何処でも必要となる農業用水が不足するなど水の問題が必然的に生じます。農業全体の生産性が落ちることに加えて、局地的に温暖化によるさまざまな農作物への被害とリスクをはらんでいます。

これまでの農業の手法や規模が通用なくなる可能性があることから、早期の農業対策と技術的革新が必要とされているのです。具体的には、麦の凍霜害のリスクが温暖化において懸念されている被害の一つです。対策の有名な例としては、イワイノダイチと言う品種が凍霜害を防ぐことが出来るものとなります。ナスなどの果樹園やお茶の葉なども凍霜害を受ける可能性のある代表的な品種です。

大豆の場合は、温暖化によって起こる気候変動によって雨量の変化が発育を悪くして品質を低下させてしまうなどのリスクが懸念されています。被害を最小限に抑えてこのリスクを克服するためには、土地の改良や品種改良だけではなく、その歳の環境や気温に応じた生産の仕方の柔軟な対応策を早々に改革していくことなのです。