農作物への被害と対策

地球温暖化で受ける農業の被害は、そのまま農業対策の今後につながるものとなってきます。現状で生じている被害をよく知ることによって、これから先の温暖化による被害を減らせるかが課題となっています。農作物に一番最初に被害が出るのは生産段階の何処でも必要となる農業用水が不足するなど水の問題が必然的に生じます。農業全体の生産性が落ちることに加えて、局地的に温暖化によるさまざまな農作物への被害とリスクをはらんでいます。

これまでの農業の手法や規模が通用なくなる可能性があることから、早期の農業対策と技術的革新が必要とされているのです。具体的には、麦の凍霜害のリスクが温暖化において懸念されている被害の一つです。対策の有名な例としては、イワイノダイチと言う品種が凍霜害を防ぐことが出来るものとなります。ナスなどの果樹園やお茶の葉なども凍霜害を受ける可能性のある代表的な品種です。

大豆の場合は、温暖化によって起こる気候変動によって雨量の変化が発育を悪くして品質を低下させてしまうなどのリスクが懸念されています。被害を最小限に抑えてこのリスクを克服するためには、土地の改良や品種改良だけではなく、その歳の環境や気温に応じた生産の仕方の柔軟な対応策を早々に改革していくことなのです。

対策に必要なこと

一般的に地球温暖化対策とは、温度が世界的に上昇してさまざまな異常気象や悪影響が起こることをさしています。正確には人工的な作用によって平均気温が1~6℃程度上昇することが予想されていることから、それにともなって生じる環境問題や人的被害、農業の生産性の低下などを防ぐための対策といえます。地球温暖化対策では環境省と農林水産省が中心となって報告書によって公開されています。

温暖化で日本の対策が進められている背景には、京都議定書の更新による新たな温室効果ガスの排出制限を示したこともありますが、何よりもお米の収穫量に大きな影響が出ることが農業対策にとっての重要性がわかります。イネは一時的に気温が上がることで生産性が上がることが言われていますが、地域によっては気温が上がりすぎることによって逆に収穫量が下がっているのです。

農業の対策に必要なこととしては、温暖化で出る被害を知ることだけではありません。影響を受けて栽培の際の不作や収穫量の減少を具体的にどれだけ持ち直すことが出来るかにあります。それと果実を栽培する農家の多い果樹園も温暖化の影響を受けるため、生産地を移動するなどいかに有効な対策が取れるかが期待されています。

地球温暖化と農業

地球温暖化と農業の関係は密接なものとなっていることが世界的にも知られるようになりました。平均的な気温が上がったことによって温度の上昇率が高い日が続出しており、その中で農作物に影響を与える年度が何度も発生しているのです。すでに知られているのは、温度が上昇することで、味や収穫量に大きな影響が出ることです。市場の中でもこの影響を受けて対策を講じることが話し合われているなど、国への要請など農業のあり方や対応策に関しても早急な対処が必要となっています。

農業に対する悪影響としては、他に農作物の障害の発生が挙げられます。収穫量に影響することはもちろんのこと、育てた農作物が市場に出すことの出来ないものになってしまうといった弊害があります。また、品質が低下する影響も出ていて、フルーツの色の薄くなる変化が知られます。具体的にはぶどうやイチゴなどが色彩が薄くなってしまうことです。品質が下がり全体としての各種フルーツの市場価格が上がれば当然一般家庭の購買にも影響が出てきます。気温が上がることで場所によっては生産性が下がることも示唆されています。

地球温暖化対策にあわせて農業のための施策も用意されています。対策と同時に世界的に進める必要があるものもあるのですが、主に日本を中心とした農業従事者全体で行われる政策ともなっています。栽培のタイミングをずらしたり、新たな品種を開発することが対策としての優先順位が高いといえるのです。当サイトでは、地球温暖化対策のための農業の関係についてご紹介します。