一般的に地球温暖化対策とは、温度が世界的に上昇してさまざまな異常気象や悪影響が起こることをさしています。正確には人工的な作用によって平均気温が1~6℃程度上昇することが予想されていることから、それにともなって生じる環境問題や人的被害、農業の生産性の低下などを防ぐための対策といえます。地球温暖化対策では環境省と農林水産省が中心となって報告書によって公開されています。

温暖化で日本の対策が進められている背景には、京都議定書の更新による新たな温室効果ガスの排出制限を示したこともありますが、何よりもお米の収穫量に大きな影響が出ることが農業対策にとっての重要性がわかります。イネは一時的に気温が上がることで生産性が上がることが言われていますが、地域によっては気温が上がりすぎることによって逆に収穫量が下がっているのです。

農業の対策に必要なこととしては、温暖化で出る被害を知ることだけではありません。影響を受けて栽培の際の不作や収穫量の減少を具体的にどれだけ持ち直すことが出来るかにあります。それと果実を栽培する農家の多い果樹園も温暖化の影響を受けるため、生産地を移動するなどいかに有効な対策が取れるかが期待されています。