地球温暖化と農業の関係は密接なものとなっていることが世界的にも知られるようになりました。平均的な気温が上がったことによって温度の上昇率が高い日が続出しており、その中で農作物に影響を与える年度が何度も発生しているのです。すでに知られているのは、温度が上昇することで、味や収穫量に大きな影響が出ることです。市場の中でもこの影響を受けて対策を講じることが話し合われているなど、国への要請など農業のあり方や対応策に関しても早急な対処が必要となっています。

農業に対する悪影響としては、他に農作物の障害の発生が挙げられます。収穫量に影響することはもちろんのこと、育てた農作物が市場に出すことの出来ないものになってしまうといった弊害があります。また、品質が低下する影響も出ていて、フルーツの色の薄くなる変化が知られます。具体的にはぶどうやイチゴなどが色彩が薄くなってしまうことです。品質が下がり全体としての各種フルーツの市場価格が上がれば当然一般家庭の購買にも影響が出てきます。気温が上がることで場所によっては生産性が下がることも示唆されています。

地球温暖化対策にあわせて農業のための施策も用意されています。対策と同時に世界的に進める必要があるものもあるのですが、主に日本を中心とした農業従事者全体で行われる政策ともなっています。栽培のタイミングをずらしたり、新たな品種を開発することが対策としての優先順位が高いといえるのです。当サイトでは、地球温暖化対策のための農業の関係についてご紹介します。